SAL-MANEは解散します!

SAL-MANEは去年の9月よりチームとしての公演をお休みしていましたが、このたび解散することにしました!

これまで応援してくださった全てのみなさまに感謝しています。

解散への思いはとてもひとりではまとめきれませんので、メンバーそれぞれからのコメントをご覧ください。

もっちー

僕たちSAL-MANEは、晴れて解散することになりました。「終わる」のではなく、「終える」のです。この日を迎えられて本当に良かった。

僕たちはばらばらでした。所属も関心も性格も、少しも似ていない人たちの集まりでした。だからケンカも言い合いも「言わない合い」も、他のどのグループよりも多かったかも知れません。でも、こうして「終える」ところまでやってこられました。終わる頃には「みんな似ているね」なんて言われることもありました。
これからはまたばらばらになります。でももう元のばらばらではありません。ここで過ごした時間が僕たち全員の中に生きています。

僕たちはショーやワークショップをたくさんやってきましたが、今となって思えばどれも「僕たちのため」のものでした。多くの人の胸をお借りしました。これからはSAL-MANEをやり遂げた僕たちが、いろいろな恩返し・恩送りをしていきます。

なんだか泣きそうです。本当にありがとうございました。

りな

ショーで自分をさらけ出すことでお客さんが笑ってくれたこと。
お客さんやメンバーのおかげで、自分をまるっと愛してあげられるようになりました。顔がむくんでる日も、仕事で失敗してしまった日も、全部チャーミングに思えるようになった!

SAL-MANEは、チームとしての役割はもう終わり。これからは、それぞれのメンバーがSAL-MANEで得てきたものを、それぞれのフィールドでシェアしたり、更新したりしていく。

下村理愛は、きっと場づくりの人。色んな人たちと「自分はそのままで素敵なんだ!」って思えるあったかい場を創り続けていくよ!

そしてSAL-MANEの様に、変化することを恐れずに生きていこう。

SAL-MANEのみんな、応援してくれた皆さん、ありがとう!これからもよろしくね!

けんもつ

皆さま、SAL-MANEへの温かいご声援、ありがとうございました。インプロをはじめようと思ったきっかけは、「休みの日に家から出る。」という、とても小さい理由です。けれども、定期公演に出演し、ワークショップを通じて皆さまと出会えたことによって、自分にとってSAL-MANEの活動がとても大きいものに成長し、貴重な時間を頂きました。ありがとうございます。

SAL-MANEというチームは解散することになりますが、それぞれがインプロに限らず様々な活動を展開する予定です。大変勝手ではございますが、これからもメンバーを見守っていただけましたら幸いです。本当にありがとうございました。

カエル

個人的には、正直そんなに仲が良かったわけでもないし、インプロの話を沢山したわけでもないし、それ以外の話もそんなにしたわけでもないし、それなのにどうしてこのチームでここまでやってこれたんだろうと不思議に思っています。
サルメーヌを愛してくれたお客さんは、あたたかくて、優しくて、キラキラしていて。ステージに立っている間、そんな皆さんと向かい合えていたこと、本当に幸せでした。どうもありがとう。

サルメーヌと、サルメーヌを愛してくれたみなさんに、愛を込めて。

しゅうへい

たのしかったです。

まき

これまで見守っていただいた皆様ありがとうございました!
‪皆様のおかげで私たちは挑戦と失敗を繰り返してくることができました。SAL-MANEをはじめた頃には想像できなかったたくさんの瞬間、人に出会うことができました。
これからはそれぞれのアイディアで、それぞれのペースで、インプロしたり、しなかったり!
それでも、息づいているものはたしかにあるのです。
解散という選択ができるグループであったことを、私はちょっと誇りに思います◎‬
それぞれのフィールドで引き続き活躍するSAL-MANEメンバーを今後ともどうぞよろしくお願いします!!

さんま

初めて東京にやってきた日、最初に出会ったのがもっちーさんでした。その後仲間に入れてもらい、SAL-MANEの一員としてたくさんの経験をさせてもらいました。
即興の照明という世界に出会えたこと、パフォーマーとして舞台に立つこと、様々な場所でワークショップができたこと、カナダに行こうと思えたこと。他のチームの人とも出会ったりして、インプロの世界がどんどん広がっていく中で、SAL-MANEはいつも自分が「帰る場所」でした。そんな場に出会えた幸運と、メンバーの皆に心から感謝しています。そして何よりも、今日までSAL-MANEを支えてくださった皆様に、本当に本当に感謝しています。

ここからのメンバーの活動は、今までよりもさらに充実し、より素敵なものになっていくと確信しています。私自身、SAL-MANEでもらったものをここから自分の場で還元していきます。どうぞこれからも、見守っていただけますと幸いです。今日まで本当にありがとうございました!!

いーたん

来てくれたみなさん、来てくれなかったけど応援してくれたみなさん、どちらでもないみなさん、ありがとうございました!
覚えているひどいシーンかよいシーンがありますか?ひとつでもあったらうれしいです:->! 今はぼくともっちーこと木村くんは『先生と本屋』というプロジェクトでSAL-MANEとはまた一味違った、今度はすこしは準備したりもしてコース料理のような、見たことのないようなインプロを作ろうとしています、よければ来てください:->

sabamiso

これまでありがとうございました。私は音楽担当の立場で、ステージに立って演技することはほとんどありませんでしたが、仲間とショーをする大切な経験をSAL-MANEにもらいました。これまで関わってくださったり、気にかけてくださった全ての皆さんに感謝です。また、この活動を通して出会ったたくさんの出会いにも感謝しています。これからはそれぞれが思い思いの展開を繰り広げていきます。どれもこれも大変愉快ですので、これからも私たちのことを見守っていてください。
私は即興演劇とはしばらく離れますが、音楽活動に没頭するのが大変楽しみです!皆さんとも折に触れてお会いできたら嬉しいです。それでは!

れいこ

学生グループから、お外の方々に沢山可愛がっていただいただけるグループへと成長することができましたのは、ひとえに応援してくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。
私ごとですが、40歳を過ぎてから入った大学院で苦しんでいる私を助けてくれたのは、親子ほど歳の離れたこの仲間たちでした。私の第二の人生を彩り豊かなものにしてくれた、私にとって宝物のように可愛いこの人たちが、もっと強くもっと賢くもっと自由にもっと大きくなれるよう、どうか皆様、これからも宜しくお願いいたします!

パラガス

SAL-MANEとの出会いはインプロとの出会いです!
ちょっとしか関われませんでしたが、有意義なものでした!ありがとうございました!

うつみ

解散にあたってまずはじめに、僕をSAL-MANEに誘ってくれたもっちーに感謝しています。また、見切り発車で始めた定期公演を支えてくれたメンバーにも感謝しています。そして最後に、未熟だった僕たちに温かい眼差しをくださったお客さんには本当に感謝しています。

これまで前のめりで進んできたSAL-MANEでしたが、今はメンバーそれぞれがそれぞれのペースでインプロと向き合っています。僕はそれをとても健全なことだと思っていますが、それは同時にSAL-MANEという団体で何かをする理由を薄めていきました。細々とでも続けようと思えば続けることもできるでしょう。しかし、僕はSAL-MANEという団体はここに至るためにあり、そしてその役割を終えたのだと思っています。

SAL-MANEはそれぞれのより良い人生のために解散します。

「Take it Easy, Life is Good.」

本当にどうもありがとうございました!