ブリコフェス2015 が終了しました

こんにちは、もっちーです。
 
SAL-MANEは5月2日(土) に、ブリコラージュ研究所のフックさん(福田寛之) が主催する「ブリコフェス2015」に出演しました。フックさんとコラボするのは昨年に引き続き、今回で2回目となります。プレイヤーはSAL-MANE 8名、即興実験学校 3名の計11名で行いました。
 
フックさんの主催するイベントは常に「実験的であること」がテーマになっています。今回もフックさんのディレクションのもと、「2つの点; Two Dots」で書いた顔の絵を遺影として用いたシーンや、映画の予告編(トレイラー) を即興で作るゲームなどを行いました。
映画の予告編を作るゲームでは、プレイヤーを2つに分けてそれぞれのチームごとに予告編を作りました。その後、お客さんから「どちらの映画の本編が見たいか」を投票してもらい、勝ったチームの本編をその場で上演しました。タイトルは「武術の崩壊」。最後のほうはいろいろな意味で崩壊していましたが、最後まで実験的なゲームを楽しむことができました。今度はもっと良くなるでしょう!笑


 
また夜の部では、6dim+の渡猛さんとフックさんのお二人によるインプロ公演がありました。こちらも実験的精神に溢れたマニアックなインプロ公演になりました。とはいえ、インプロ歴十数年を超えるベテラン二人のパフォーマンスは、とても自由で遊び心に溢れていて、観ているこちらまでどんどん楽しくなっていきます。
渡さんを信頼しきっていることで、プレイヤーとしてのフックさんがすこぶる自由になっていた姿が印象的でした。
「昼の部もこれぐらい自由にやってくれたらいいのに!笑」と思いながら、今度こそ僕たちがフックさんを自由に遊ばせられるようにレベルアップしたいと思います。
 
今回が初めてとなるブリコフェス。第2回、3回と続いていけばいいなあと思っています。
プレイヤーとしても観客としても楽しみだったイベントでしたが、その期待をはるかに上回る充実したイベントとなりました!
主催してくださったフックさん、本当にお疲れ様でした。
そして昼、夜ともにご来場くださったみなさん、本当にありがとうございます!
 
ちなみにSAL-MANEは今月24日(日) に23回目となる定期公演を控えています。
こちらも予約を受け付けていますので、どうぞお早めにお申し込みください。
詳細はこちらです。
 
86_large
 
もっちー