SAL-MANE出張公演「学生シアタースポーツ大会」および「What Comes Next?」が終了しました。

こんにちは、カエルです。
11月22日、23日にPlatform主催により行われた「学生シアタースポーツ公演」に出演してきました。
今回は、カエル、ダンテ、やよいの3人チームで臨みました。
 
1920429_796118330449795_6400210866279842372_n
普段なかなか同世代のプレイヤーにお会いすることがないので、たくさんの学生プレイヤーと触れ合うことができて3人とっていい刺激になりました。

ここからはもっちーにバトンタッチします。
「学生シアスポ」の翌日、24日(月・祝) にPlatform主催 若手インプロ団体合同公演「What Comes Next?」に出演してきました。
メンバーは、もっちー、うつみくん、けんもつ、しゅうへい、さんま、りなさま、まき、カエル、そしてミュージシャンのみほの計9名で臨みました。
 
10671335_796838027044492_7132398507188848263_n
今回は「ファントム」を中心に、30分間のパフォーマンスを行ってきました。
なによりも興味深かったことは、都内で活動する他のインプロチームのパフォーマンスを一度に鑑賞できたことです。公演後もその話題で持ちきりになりました。インプロの公演を全員で観るという経験自体がほとんどなかったこともあり、チームの財産となる貴重な機会となりました。
 
また昼公演・夜公演ともに、主宰によるパフォーマンスタイムもありました。僕はPlatformのみくみんとacttractの健介さんとご一緒させていただきました。こちらも本当に楽しませていただきました。
10616258_796838987044396_6932528527384965234_n
 
今回の2公演を終えて思ったことは、これだけの熱量とアイデアを持ったインプロチームが都内だけもこれだけたくさんあるんだなあということです。それはとても頼もしいことだと思います。
僕が今、こうしてインプロを続けている理由はインプロがとても奥深く、興味深いものであるからに他なりません。僕はインプロのパフォーマンスを通じて、そのことをより多くの人と分かち合いたいと考えています。そのためにはインプロのショーの数も、その水準も今以上に高くなっていく必要があると思います。その時に、これだけの才能ある人たちが志を同じくしているという事実は、なんと心強いことでしょう。
 
この公演はこれからも継続していくと伺っています。さらなる発展を心よりお祈りしています。
末筆ながらこの公演に携わったすべての方々、とりわけ主催として八面六臂の活躍をしてくださったPlatformのみなさまに深く御礼申し上げます。
 
10407381_796839840377644_8839598866472214479_n
 
SAL-MANEを代表して
カエル
大望/ Mochi