インプロワークショップ in つくば ふりかえり

かぼちゃが美味しい季節ですね。こんにちは、りなさまです。

2013年10月6日(日)に筑波大学でインプロワークショップを行いました。筑波大生を中心とする22名とSAL-MANEのメンバー8名、計30名が参加しました。今回の記事は、参加者のみなさんのアンケートの内容を交えて書いてみたいと思います。
(みなさんの振り返りは「 」の中でご紹介します。)

やったこと

今回のワークショップでは、ショーとしてのインプロ物語づくり相手との関係性の3つの視点からワークショップを進めていきました。

・ウォームアップ
―イス取りゲーム
―ペアを作る(選ぶ、選ばれる)
―図形を作る(動く、動かされる)

・さしすせそ禁止ゲーム
シーンの中で「さしすせそしゃしゅしょ」を言ってしまったらアウト!
「失敗を楽しむゲームとしてとても面白いと思いました。」
「失敗したときでも、みんなが笑ってあたたかい雰囲気になるので、受容感というか、何をやっても大丈夫そうな感じが良いとおもいました。」

・インスタント・ストーリーの素 (story telling)
物語の構造を元に、実際に物語を作っていきました。
「何度かやっていく中で、『このワードをいれたらどんな話になるかな?』が『こうしたいからこの言葉を入れてみよう』に変化しました。」

・It’s Tuesday (Tilt)
何気なく会話をしている途中で大きく驚くことで、話しの中にtilt(変化)を起こします。
「変化を恐れず楽しむ」
「安定→不安定のサイクルで話ができていると考えると物語の見方がまた違って見える。」

・同じ理由で出るゲーム
4,5人でお互いの動きを見合って、お互いの真似をする。真似をしている中で同じ理由を作って外へ出ていくゲーム。
「真似をしていくうちに動作が大きくなっていくこと、ストーリーがうまれていくことがおもしろかったです。」

・プレゼントゲーム (Give your partner a good time)
相手の欲しいものを予想してプレゼントし合うゲーム。
「ショーとして面白い物を作るという情熱だけではなく、出会った人との関係が悪くならないようにすること、関係が持続し深まっていくことにとても配慮されていて、大変良い影響を受けた」

21_large

全体を通して

今回の参加者はインプロをするのが初めての方がほとんどでした。ワークショップの前は、

「インプロって難しい!ってイメージがあった」
「参加するにあたって、楽しみ半分、不安半分でした」

という声がありました。終わってみると、

「すごく楽しくて、たくさん笑って、あっという間の4時間でした」
「うまくやらなければというプレッシャーをあまり感じずに楽しんでできた」
「最後は自分もやりたい!次やりたい!と思えるようになっていきました。自分がopen upした感じ。」
「いっぱい笑ったので頬と、それからおなかが痛くなりました。」

というコメントが数多く見られました。私としてもあんなにお腹をかかえて笑ったワークショップは久しぶりでした!

「即興で何かをやることは、不安でもあるけど、会場の雰囲気やメンバーがしっかり反応してくれるとわかっているからこそ、全員が参加できていたのではないかとおもう。(全員が当事者になっていた)」

観ている人の楽しんでいる様子や笑い声があるからこそ安心していろいろシーンにチャレンジできるのかもしれないですね。

25_large

103_large

また今回印象的だったのは、参加者の皆さんが自分の日常生活に落とし込んで振り返りを行っていることです。

「会話の中で大きなリアクションを与えて変化をつくることは、普段のコミュニケーションに活かせるととても思いました。相手がリアクションをしてくれると会話は楽しくなるし、もっとこの人と話したいと思うようになる、その連鎖が大切なことなのかもと改めて思いました」

「インプロをやることでただお茶をするだけでは得られないような、人との関係作りや相手のことを深く知ることができるように思います。」

「インプロは、演劇でなくても、日ごろの自分の表現のレパートリーを増やすことや、日常生活の出来事をよりおもしろくすること、人とより良い関係性を築くことに役立ちそうだと思った」

「即興だと自分の素が良くでてくるように思います。なので自分の事を振り返ると自分のことを良く理解できるような気がしました。」

私自身、日常生活におけるインプロの可能性を改めて実感することができました。

SAL-MANEのメンバーも、インプロってやっぱり楽しい!と改めて気付くことができました。同じ場を共有することでチームワークも高まった回でした。次回のショーに向けてたくさんパワーを頂きました!ありがとうございます! 今回のワークショップについてファシリテーターをしたもっちー(木村大望)が自身のブログでも綴る予定なのでこちらもご覧ください。

つくばのみなさんとインプロを通して楽しい時間を過ごせて、本当に幸せでした!本当にありがとうございました!またお会いしましょう!

118_large

(りなさま)