インプロ部 vol.09 ご案内

インプロ部 vol.09のご案内です!
 
前々回からインプロ部はこれまで以上に探究色を強めた活動として生まれ変わりました。
(その理由について知りたい方はこちらをご覧ください。)
 
 
インプロ部の活動の特徴として、次の2点が挙げられます。

①毎回テーマを定めて、それに準じた活動を行います。
②テーマに合わせて参加者には事前事後に課題が用意されます。義務ではありませんが、参加者は可能な限り課題に取り組んでください。

 
前回の活動は「ストーリーゲーム; Story Games」をテーマに行いました。
キース・ジョンストン Keith Johnstone“Impro for Storytellers” の「7 Story Games」 の前半部分の内容を確認したのちに、そこで紹介されているゲームを実践してみました。
(前回の活動についてはこちらをご覧ください。)

今回のテーマ

今回のテーマは「Building a Scene」です。
「シーンとはなにか?」ということについて探究します。
今回は
Chrana Halpern/ Del Close / Kim “Howard” Johnson
“Truth in Comedy” (Meriwether Pub,1994)より
「CHAPTAR 7 Building a Scene」の内容をもとに活動を行います。
今回も木村が内容をまとめたレジュメをご用意致します。
「注文したけれど本がまだ手に入らない」「英語が苦手」という方もどうぞご参加ください。
(また前回のインプロ部に参加していない方でも参加出来ます。)

この活動を通じて「物語づくり」から「シーンづくり」へのステップアップを目指します。
今後、私たちは「ロング-フォーム」と呼ばれる長いシーンにも挑戦していきます。今回の活動はそのための土台づくりとなります。
また「シーンとはなにか?」について学ぶことは、インプロを指導する際の視点を養うことにも繋がります。

今回の課題

 
今回の参加者には以下の課題をお願いします。

○文献の該当箇所を事前に一読しておく。
(ただし今回扱う内容は木村が丁寧にまとめてお話する予定ですので、ご安心ください。)

○それ以外のインプロの本で、「物語」について書かれた箇所を読んでくる。 (なかには日本語で読めるものもあります。前回、前々回のインプロ部の課題を参考にしてください。)
 
 
以上の内容から分かるようにインプロ部は大学のゼミ活動のような研究的な活動です。
したがって「インプロを初めて経験したい!」という方のご要望には添いかねます。
その点についてはあらかじめご了承いただきたいと思います。
 
ただし参加の形態に関しては各人のご要望に出来る限り応えたいと思いますので「見学だけでもいいから参加したい」「今日は観ているだけにしたい」「本は読めないけれど参加したい」という方も是非ご参加ください。
 
 
参加の申し込み、お問い合わせは
当ホームページの問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

詳細

 
【イベント名】インプロ部 vol.09

【日時】12月22日(土) 13時30分~16時30分

【場所】国分寺市本多公民館 (JR中央線 国分寺駅北口より徒歩約10分。)
地図はこちら

【部費】500円
※部費は今後の会場費・備品購入費のために利用します。ご協力お願いします。

【注意事項】
①体を使った活動を行いますので、動きやすい恰好・汚れてもいい恰好でご参加ください(当日公民館内のお手洗いで着替えが可能です)。

②定刻で活動を開始致します。遅刻はご遠慮ください。

③水分補給のためのお飲物やお菓子はこちらでご用意致します。

④今後の研究活動のためにビデオやICレコーダーによる撮影・録音を行います。ここで得られた記録は研究活動の目的のみに使用します。ご協力お願い致します。
  
 
大望/ Mochi